Chikusa House 築29年の鉄骨3階建てをローコストで全面リフォーム

Chikusa House
築29年の鉄骨3階建ての建物を全面リフォームしました。今回は徹底したコストダウンを行うため、内装は一部塗装を除き「仕上げなし仕上げ」つまり、下地までで終わりのローコスト住宅。あとは住み手が楽しみながら仕上げていく半DIY方式です。住み手はそれを楽しんでくれているようです。

_DSC9257

外壁はひどく傷んだ防水シールの打ち直しと屋上防水のやり直し、そして塗装のみ。

_DSC9275

1Fは元々店舗が入っていましたが、道路側前面のガラスを取り払い、少し奥に入ったところに高さ2.7mほどある大きな引き戸を3枚設置。半屋外でいろいろ使える巨大な土間=エントランスポーチの出来上がりです。

_DSC9287

引き戸は全て引き込めるので全開するとその奥の巨大な板張りのエントランスホールが現れます。大きな引き戸、巨大な土間、それに続く板間。見た目は全く違いますが、この構成は古い民家のようです。

_DSC9305

土間にある格子模様は元々貼られていたビニールタイルを剥がした跡。面白いのでそのままに。エントランスホールの床はベニア。壁は針葉樹合板。引き戸とエントランスホールとの間にある細い土間で靴を脱ぎます。20人分ぐらいは靴が並べられますね。

_DSC9310

塗装の白、黒、モルタルのグレー、ベニアの茶色でバランス良く空間が構成されています。下地でしかないのですが、安っぽくならないように注意しています。

_DSC9323

エントランスホール奥には段差を作りちょっとしたアクセントにしています。ここを舞台に見立てて何かをしたり、逆に腰掛けて外を眺めたり。はたまた床の間に見立てて何かを飾ったり。ちょっとしたギャラリーやスタジオ的な使い方も出来るかも。広いエントランスホールは色々楽しそうです。うーん、羨ましい。左の部分はプラスターボード素地。

_DSC9340

エントランスホール奥の段差部分に腰掛けるとこんな感じに外が見えます。このままでは丸見えなので、引き戸の手前に天井から床までの大きなカーテンがつく予定です。カーテンは光の変化や風の動きをとても優しくそして美しく見せてくれるのですごく楽しみです。なんだか伊勢神宮の参拝所にあるあの白い布を思い出しました。

_DSC9352

こちらはリビング。まだ何もありません。ひん剥いて、白く塗り、ベニアを張っただけ。これからここをどうするか想像力がある人にとっては結構楽しい空間ではないでしょうか。

_DSC9355

リビングの床の一部は土間にしてあり、ちょっとラフな使い方をしても大丈夫。奥の壁のガラス窓は階段に光を取り入れるため付けたもの。照明もコストを下げるためコンセントまで。あとは好みで好きな照明を取り付けていただきます。

_DSC9349

こんな感じで階段室に光が入っています。

_DSC9368

キッチンはシンプルかつ真っ白。しかも特注品。かなりコストを抑えましたが安っぽくなく良い仕上がりです。このアイランドを囲うようにテーブルがつく予定。

_DSC9381

リビングとダイニングキッチンは広いワンルームになっています。今後カーテンで部分的に仕切る予定。家具が入ってくるとどんな感じになるんでしょうね。階段は既存階段にベニアを張っています。上り鼻だけ少し踊り場を作りました。腰掛けたり、何か飾ったりできそうです。

_DSC9414

こちらは書斎。戸は付いていません。壁がベニアなので棚などを自由に取り付けられます。

_DSC9421

個室は戸で区切らずカーテンで区切る計画。色々な場所が見え隠れしながら繋がって面白い。そして広く感じます。どうしても区切ることにはなりますがこうやって空間が繋がった状態も楽しんで欲しいですね。

_DSC9432

廊下と個室の区切りがないと、路地と小さな広場が室内に持ち込まれたような不思議な空間になっています。まあ、和風建築も襖や障子を取り外せばみんな繋がってしまうので日本人なら案外馴染みやすい空間かもしれません。

_DSC9434

ところどころ現れるわずかな段差。そして壁面。建具で仕切られていない分、わずかな床の高さの違いで空間の違いが感じられます。

_DSC9450

屋上に上がる階段と廊下。廊下の床は仕上げを剥がしたままの状態。がかなり荒い仕上げなので、本来は下地である合板が綺麗にさえ思えます。大工さんの丁寧な仕事のおかげです。

さてさてこれからこの家はどうなっていくのでしょうか?住み手がどんどん手を入れる家。楽しみです!

設計監理:STANDS ARCHITECTS
施工  :株式会社ワイズホーム
キッチン:イリエ制作所

工事種別:リフォーム

建築面積:59.29㎡  
延床面積:181.36㎡ 
敷地面積:75.70㎡

関連記事

  1. Irogane House ダイニングキッチンから広がる家

  2. 情報住宅コンペ

  3. Kita House 趣味のバイクをいじる。土間のある家。

  4. Ichinomiya Annex Project 手狭になった家に増築…

  5. 大福町の家

  6. KawaiHouse 折れ曲りながらつながるスキップフロアの家

  7. Komaki House

  8. Kodama House

PAGE TOP