House C 基礎工事

土曜日に配筋状況の確認とスリーブ管の位置打ち合わせのために急遽現場に。到着するとちょうど床の配筋が始まったところでした。全体に綺麗な施工でしたが、間違えそうなところを伝え、矢継ぎ早な質問に答え、悩みが解決できたようなので、現場を後に。

これだけシンプルなプランはどれだけぶりだろうか。

関連記事

  1. House S エントランスポーチ

  2. House C 断面パースが分かりやすい

  3. Urugi House 屋根板金工事

  4. Urugi House 土工事

  5. Urugi House 垂木

  6. 模型撮影

  7. 雑誌取材

  8. House C

PAGE TOP