中部圏低炭素都市・地域づくりフォーラム

「中部圏低炭素都市・地域づくりフォーラム」という講演会があるようです。 中部圏で低炭素都市にむけて実践している自治体の市長がせいぞろいする様子。のぞいてみようかな・・・と思っています。 生田 ———————————————— 日 時:平成25年2月12日(火)13:00~16:00(開場12:30) 場 所:JAあいち豊田 ふれあいホール(愛知県豊田市西町4丁目5番地)

開催概要:

○基調講演 演題『低炭素都市・地域づくりの今とこれから』 名城大学都市情報学部教授 海道 清信 氏   ○パネルディスカッション 演題『地方公共団体の連携による低炭素都市・地域づくりの今後の展望』 ・コーディネーター 名城大学都市情報学部教授 海道 清信 氏 ・パネリスト 豊田市長 太田 稔彦 氏 飯田市長 牧野 光朗 氏 浜松市長 鈴木 康友 氏 幸田町長 大須賀 一誠 氏 富山市副市長 神田 昌幸 氏 中部地方整備局長 梅山 和成   ▼詳細

http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2013/01/1308.html

  ※名城大学都市情報学部教授 海道 清信 氏 都市計画(都市デザイン、都市再生)を専門とし、持続可能な都市形態につい て調査研究している。 また、低炭素都市2050なごや戦略実行計画協議会座長を努められるなど、 多くの自治体の都市計画や景観等に係る委員会の委員を務めている。 主な著書は「コンパクトシティの計画とデザイン」(学芸出版社)等 ※パネリスト各市町村の主な取組 (中部圏で、低炭素まちづくりや再生可能エネルギーに積極的に取り組む市町村) 豊田市:低炭素社会モデル地区「とよたEcofulTown」の整備 スマートハウスの普及促進 家庭内エネルギー利用最適化実証 次世代自動車の導入支援 飯田市:市民ファンドを活用した「太陽光市民共同発電事業」の展開 ペレットストーブ、ペレットボイラーの利用推進 電動自転車等の利用促進 りんご並木のエコハウス整備 浜松市:「新エネルギー推進事業本部」の設置 メガソーラー誘致、住宅屋根に毎年10メガの太陽光パネル設置 支援(日照時間日本一 ) 「浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク」の推進 環状路線バスの実証運行 幸田町:相見駅周辺地区における土地区画整理事業等の実施 集約型都市構造の推進 環境配慮型の公共施設の整備 パーク&ライド駐車場、自転車駐車場の整備 等 (中部圏近隣で、特に先進的な取組を行っている市町村) 富山市:「富山市エコタウン」の展開 小水力発電の導入 LRTネットワークの拡充 公共交通沿線への居住推進 自転車市民共同利用システムの導入   【問い合わせ先】 中部圏広域地方計画推進室 国土交通省 中部地方整備局 建政部 計画管理課 担当:押越、近藤 (TEL: 052-953-8571 ) mail:cb-keisei@cbr.mlit.go.jp

関連記事

  1. GOODHEAA 外構工事の写真をアップ

  2. 新年明けましておめでとうございます。

  3. Pool of Light ひかりたまり

  4. 緑で建物をより良く!緑の改修始まります。

  5. House M 庇の検討

  6. 美容院の植栽工事

  7. Urugi House 売木村のお練り祭り

  8. House M 模型検討

PAGE TOP