Create a future “work”

これからの「働く。」をつくる

words by KYOKO IKUTA

PDFダウンロード

AIの進展などにより、効率重視かつ画一的な働き方から転じて、社会貢献や、アイデア・コミュニケーションを重視した働き方が求められる時代が到来している。そして働く場もまた、画一的ではない様々な姿が求められ、その可能性が拡大している。

例えば、働く人達が生き生きと自由に交錯し、場合によっては外の人々も招き入れ、お互いに刺激を受けながらアイデアを生み出していく。あるいは多くの時間を自然の中で過ごしてじっくりとアイデアを生み出すことに費やすこともある。

都市にオフィスを置く人は、情報や刺激を貪欲に求め、様々なネットワークを繋ぎながら企画を膨らましていく。また人によっては自然豊かな土地で、町の人々とふれ合いながら暮らし、地域と関係づくりをしながら、仕事を展開していく。

人と環境に呼応する

その双方を行き来する姿が、私達の考える新しいオフィスの姿である。これからのオフィスは、人や環境と呼応し、豊かで楽しい場になるだろう。

スタンズアーキテクツ が考えるオフィスデザインについて、これから順次掲載していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. MarunouchiOffice オフィス内装工事の竣工写真をUP

  2. Iseyama Office Project の写真をアップ。

  3. リノベーション現場確認 

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. 2019.01.4

    鏡餅っぽく

制作実績一覧

PAGE TOP