House S 外観

鉄筋コンクリート3階建ての建物をリノベーションしたHouse Sが完成しました。大きな窓が特徴的です。もともと事務所や舞などの教室に使われていたので住居っぽさがあまりありません。何回かに分けて可能な範囲ではありますが、説明をしていきますね。

真っ白な外観

しかし真っ白ですね。これはクライアントと外壁の色を決めるときいろいろな色を見てもらったのですが、モダニズムの白がいいということで決定。本当真っ白なので汚れが心配なので多少艶を入れて汚れにくくはしてあります。

この建物の1階部分、実は減築がされています。それについては次回。

お楽しみに。

と言っても忙しさにかまけて全然HPを更新していないのに…。

頑張ります!

House S 
設計:STANDS ARCHITECTS 担当 清水
構造:藤尾建築構造設計事務所 担当 藤尾
施工:Y’S Home 担当 山村
キッチン:イリエ制作所 担当 五藤
カーテン:グランデコール 担当 牛山

関連記事

  1. 雑誌取材

  2. 売木村プロジェクト。現地測量再開です。

  3. House H 表層改良+構造打ち合わせ

  4. 古民家再生UrugiHouse 窓からの景色が素晴らしい

  5. 中部圏低炭素都市・地域づくりフォーラム

  6. House C 配筋検査

  7. House S 築40年の建物をリノベーション開始!

  8. リノベーション現場確認 

PAGE TOP