House S エントランス

シンプルな玄関。
右側は大きな収納、土間の真ん中にある仕切りの向こう側は納戸、その奥はフリースペースとつながっています。
土間にいちいち降りなくいていいように細〜い通路がついています。意外とこれぐらいでも通れるのです。
土間と床の段差は50mm。このぐらいの段差ですと床に一体感があり、多少でも広く見えます。コストを抑えるため仕上げは全てラワンです。

 

 

関連記事

  1. リノベーション現場確認 

  2. 築100年の古民家をリフォームしたUrugiHouse

  3. 雑誌「UOMO」に掲載されました

  4. House S エントランスポーチ

  5. 新年明けましておめでとうございます

  6. Urugi House 土工事

  7. House H 表層改良+構造打ち合わせ

  8. ChikusaHouse 針葉樹合板の壁と天井

PAGE TOP