尾張旭のリノベーション

飛騨の匠が作ったという民家を改修して、明るく現代的な空間に。もともとはリビング、キッチン、ダイニング、廊下が仕切られていましたが、壁を取り去り、目立つ筋交いをステンレスブレースに置き換えて、すっきり広いワンルームにしています。既存柱の切り欠きはそのままにして歴史を感じさせつつ、新たな要素としてボックスをつくり、その中にキッチンとカウンター配置しています。和のテイストを取り入れた、タイル壁や垂れ壁などを積極的に取り入れて、既存空間との繋がりも大切にしています。

 

 

関連記事

  1. Komaki House

  2. Okazaki Project RC造のリフォーム

  3. forest bath

  4. Chikusa House 築29年の鉄骨3階建てをローコストで全面リ…

  5. Minokamo House+Shop

  6. Kita House 趣味のバイクをいじる。土間のある家。

  7. Ichinomiya Annex Project 手狭になった家に増築…

  8. Irogane House ダイニングキッチンから広がる家

PAGE TOP