House C 断面パースが分かりやすい

設計もアップし、見積もりに突入したHouse C

今回から立体データでの設計を行なっているため、いつでも好きなところで建物を切って内部の状況を見ることがでます。

この角度から見ると内部空間の繋がりが分かりやすいです。

関連記事

  1. House M 模型検討

  2. House M 高さ3Mのサッシ

  3. House C 配筋検査

  4. House H 丁張を確認

  5. House H 構造打ち合わせ

  6. House M 庇の検討

  7. 「まわり土間の家」オープンハウスのご案内

  8. Iseyama Office Project の写真をアップ。

PAGE TOP