Urugi House 内装、外壁、基礎工事

難工事が続くUrugi House。築100年。。痛みが激しく再生は不可能と思われた状態から建築会社と大工さんの頑張りで再生しようとしています。建物が蘇ればそこには多くの笑顔と素敵な暮らしが生まれます。あと少し頑張っていきましょう!そして現場には紅葉の季節が。帰りがけに自然薯の蒲焼と自然薯蕎麦。その土地の食べるのは現場監理の楽しみの一つです。

 

関連記事

  1. House M 模型検討

  2. 緑で建物をより良く!緑の改修始まります。

  3. House H 構造打ち合わせ

  4. 雑誌取材

  5. 中部圏低炭素都市・地域づくりフォーラム

  6. おすすめ雑貨店 Analogue Life

  7. Urugi House 屋根下地工事

  8. 古民家再生UrugiHouse 仕上げに入り始めました

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気の投稿とページ

最近の記事

  1. 2019.01.4

    鏡餅っぽく

制作実績一覧

PAGE TOP