UrugiHouse 築100年の古民家をリフォーム

_DSC8584-Edit-Edit

UrugiHouse 古民家リフォーム

初代村長が住んでいたという歴史ある建物で築100年以上経つ古民家を構造補強を行いながらリフォーム。冬は氷点下20度近くなるため居住スペースはボックス状に囲いしっかり断熱。残りの空間は要望によって大きな土間とした。古い梁を見えるように残し天井を取り払うことで、ダイナミックな空間を建物内部に確保。今後クライアントがDIYをしていく余地をたくさん残し、育てていくことができる建物としている。

用途:住宅
種別:リフォーム
床面積:
竣工:2015 12
場所:長野県売木村
設計監理:STANDS ARCHITECTS 清水裕二
構造設計:藤尾建築構造設計
施工  :小林建築

関連記事

  1. 尾張旭のリノベーション

  2. Ichinomiya Annex Project 手狭になった家に増築…

  3. トオリニワの家

  4. Marunouchi Office オフィスのリフォーム

  5. Kita House 趣味のバイクをいじる。土間のある家。

  6. Irogane House ダイニングキッチンから広がる家

  7. Okazaki Project RC造のリフォーム

  8. Ichinomiya House

PAGE TOP