美濃加茂の住宅 大工さんの納まり検討

設計者が図面で書くように大工さんは1/1で現場の床や壁に書き込んで納まりを検討します。これが結構綺麗です。この書き込みは引き込まれる扉、レール、鴨居、壁の仕上げの関係を検討したものです。

こういう検討がしっかりされている現場は監理していても安心です。

関連記事

  1. Urugi House 屋根板金工事

  2. House N 設計再開〜現地確認

  3. House C 基礎コンクリート打設

  4. 緑で建物をより良く!緑の改修始まります。

  5. House S 築40年の建物をリノベーション開始!

  6. Urugi House 土工事

  7. 模型での検討が進んでます。

  8. ChikusaHouse 針葉樹合板の壁と天井

PAGE TOP